歯科検診キャンペーン.png

なぜ定期的な歯科検診が必要なの?

3歳以上の犬で約76.3%の子が歯周病または予備軍というデータがあり、オーラルケアが必要なのは人間だけではないということがわかっています。

歯垢・歯石は放っておくと歯周病となり、さらには歯肉や歯周ポケットから細菌が浸透し、腎臓や肝臓など全身に影響を与えることも示唆されています。

歯周病が気づかずに進行している場合でも、検診による早期発見で適切な処置をすれば、歳を重ねても歯を守れること、そして長生きにも繋がるので愛犬と長く幸せに暮らすために定期的な歯科検診をオススメしています。

歯周病.png
歯科検診キャンペーン
歯科検診キャンペーン
無麻酔スケーリングの危険性
apokul_bn_arias-petclinic.jpg