スタッフ紹介① 動物看護師 見留 千尋

アリアスペットクリニックのブログをご覧になっている皆様、初めまして!

動物看護師の見留(ミトメ)と申します。


本日から3日間、このブログで当院のスタッフ紹介の記事を連載してまいります。


早速ではありますが、今回は私の自己紹介をさせていただきます(*^▽^*)

私は生まれも育ちもこの平塚市です。

都内の動物看護の専門学校を卒業後、隣町・大磯の動物病院にて10年半動物看護師をしており、その後は1年間ペット用品やフードを扱うペット事業者向けの卸会社で営業をしておりました。


昔から犬を飼っている環境で暮らしていたので、犬種問わず大の犬好きです。

(もちろん猫も大好きですよ!!!)


我が家で共に暮らしている愛犬はシェルティのモコという男の子です。

モコは私が通っていた専門学校で産まれた子。

仔犬の時からずっと一緒に暮らしていて現在13歳。今年の10月で14歳になります(*´∀`*)

毛がモコモコしているからではなく、お母さんワンコの名前がモカ、お父さんワンコの名前がココアだったので頭の文字を取って名付けました!

名は体を表すのか結果的に毛はモコモコになりました(笑)


モコと共に生活にするようになってから私はシェルティに魅了されてしまい、常にシェルティに飢えています(笑)

もしシェルティを飼われている方、シェルティを飼われている方をご存知の方がいらっしゃいましたら、是非アリアスペットクリニックにご来院いただき見留をお呼び出しください!!

全力でモフモフしに行かせていただきます♪


話が脱線してしまいました(^◇^;)


私は動物看護師として、ワンちゃん・ネコちゃんへの声掛けをとても大切にしています。

ワンちゃん・ネコちゃんが診察台に乗って、獣医師からの診察を受ける際には私たち動物看護師が保定(ホテイ)といって動物さんの動きを抑えることをしますが、抑えられている子は見ず知らずの人に抑えられて、更にはこれから何をされるのか不安でいっぱいのはずです。

そんな不安な気持ちを少しでも取り除き、リラックスできるように保定中は出来るだけ声を掛け、また余裕がありそうな場合は優しく撫でたりするよう心掛けています。


また、オーナー様に対しても院内ではリラックスしていただきたいと考えており、世間話などさせていただくこともございます。

その際はぜひ付き合っていただけますと嬉しいです(*^^*)


最後になりますが、お連れになっていただくワンちゃん・ネコちゃんは皆様にとって大切でかけがえのない家族であると思います。

そんな家族を安心して私たちアリアスペットクリニックに任せていただけるよう、スタッフ一丸となって努力していきたいと存じます。

今後ともよろしくお願いいたします。


アリアスペットクリニック

動物看護師

見留 千尋

117回の閲覧

動物たちにやさしい動物病院

〒254-0014

神奈川県平塚市四之宮5丁目28−11

  • Instagram
  • Facebook
cat-friendly-gold.png
PETOKOTO.png
apokul_bn_arias-petclinic.jpg
  • 公共交通機関をご利用の場合

神奈川交通バス ふじみ園前 下車すぐ

  • お車をご利用の場合

駐車場:敷地内に5台分完備

©2020 アリアスペットクリニック All rights reserved.