🌞熱中症にご用心🌞




アリアスペットクリニックのオープンから早4日が経ち、やっと院内も少し落ち着いてきた様子です。


そしてとても暑い日が続いていますね💦

ヒトにも動物にも辛い季節となり、特に熱中症には気を付けなければいけない時期にとなりました。


我々ヒトは汗をかくことで体温を下げることができますが、わんちゃん・ねこちゃんは足の裏でしか汗をかくことが出来ないので、主に呼吸をすることで体温を下げています。


その為、ヒトよりも簡単に熱中症になってしまいます⚡️




わんちゃんねこちゃんの熱中症の主な症状は・・・


●呼吸が荒くなる

●よだれがたくさん出る

●舌の色が紫色になる

●意識がもうろうとしてくる


これらの症状が続くと、最悪の場合、命を落としてしまう事もあります。


 特に、ボストン・テリア、パグ、ブルドッグ、ペキニーズ、シーズーなどの短頭種や、心臓・腎臓の病気がある犬、太っている犬は、熱中症にかかりやすいので注意が必要です。





主な対策としては、


○お家でお留守番させる時は必ずエアコンをつけて出掛ける

○エンジンを切った車内で待たせたままにしない

○日中、気温の高い時間帯のお散歩は避ける


などが挙げられます。


もし熱中症になってしまった場合は、点滴など早急な処置が必要になる場合があります。

症状が出てから手当を施すまでの早さが重要で、その後の状態が大きく変わります。

少しでも異変があれば、早めに受診してくださいね。





この時期でも、炎天下の中、わんちゃんを散歩させている光景を目にします。夕方5時、6時では、まだアスファルトの温度は下がりきっていません。早く散歩を済ませたいと思われるかもしれませんが、人間の生活のサイクルを変えて、わんちゃんたちを熱中症から守りましょう。

キャンプや海、川などにお出かけした時はいつも以上に注意が必要です。

夏場は、わんちゃんを連れて外出をする時は、十分に気を付けましょう!!



アリアスペットクリニック

0回の閲覧

動物たちにやさしい動物病院

〒254-0014

神奈川県平塚市四之宮5丁目28−11

  • Instagram
  • Facebook
cat-friendly-gold.png
PETOKOTO.png
apokul_bn_arias-petclinic.jpg
  • 公共交通機関をご利用の場合

神奈川交通バス ふじみ園前 下車すぐ

  • お車をご利用の場合

駐車場:敷地内に5台分完備

©2020 アリアスペットクリニック All rights reserved.