避難先で役立つ『クレートトレーニング』

こんにちは🦦動物看護師の桂です!


先日の記録的な大雨の影響で平塚市内でも全国で初となる緊急安全確保が発令される事態となりましたがみなさんお怪我はありませんでしたか?


さて前回の私のブログでは避難時の持ち物についてご案内しましたが、今回は避難先でも役立つクレートトレーニングについてお話します!


前回の記事はこちら

動物を災害から守ために備えておきたいこと






早速ですが、クレートをご存知ですか?

クレートとは通院時にも使用するコレ↓のことです!




避難所では動物が苦手な方や動物アレルギーの方もいらっしゃるかもしれないので、動物たちは多くの時間をクレート内で過ごすこともあると思います🐶🏠



普段から慣らしておくと、いざ避難所での生活もクレートに入ればリラックスできるようになりわんちゃんのストレスも軽減できます😇




それではトレーニングにあたって準備する物と手順です🐶


準備する物🦦

わんちゃんが好きな毛布、敷物、飼い主さんの匂いがついている古着などのどれか1つ




トレーニング方法


①ドアの開いたクレートに慣れる

→クレートを見せ、その中に好きなおやつやおもちゃを入れ興味を持たせる

クレートの中に入ることが嫌なことでは無いと教えましょう



②コマンド(合図)をつける

→〖ハウス〗などのコマンドを言ってわんちゃんをクレートに誘導し、入ってくれたらご褒美をあげる。この時は扉は閉めない、繰り返し練習する



③クレートの扉を閉めることに慣れる

→わんちゃんがクレートに入ったらご褒美をあげて扉を閉め、褒めてすぐに(1秒ほど)扉を開けて出す

何度も繰り返し、徐々に扉を閉めておく時間を長くしていく




これを繰り返していく内にクレート=安心できる場所(お気に入りの場所)と学習していきます!

クレートの中でさらに長く過ごせるようになるためフードの入ったコングやガムなど長持ちするご褒美を入れると効果的です♪

クレートの中でお食事をしたりするのもいいですよ😊




そしてクレートは避難時だけではなく日常でもメリットがあります!


例えば

動物の事が不得意な来客があった時の定位置ができる

留守中の誤飲、破壊行動の予防

ドライブ中の安全確保

通院時の移動


などなど🐻‍❄️






猫ちゃんの場合はトレーニング、と言うよりも日頃から扉を外してタオルなどを掛けておき、隠れ家として生活の一部にすると良いでしょう!

おもちゃを投げ込んだり、入っている時に隙間からおやつをあげるのもより良いと思います🐱




病院に行く時、家の中を逃げ回って時間がかかってしまう🥺

という事をたまに耳にします。

まさにクレートが<病院に行くときだけ出てくる箱>となってしまっています😭

そうならないためにも日頃から慣らしておきましょう!



最後に覚えておいて頂きたいことがあります!

トレーニングをしていく中でなかなか慣れてくれない子もいると思います🥲

トレーニングは繰り返し、少しずつ練習していくのがとても大切です。根気強く頑張りましょう💪


当院の待合室にはトレーニングをするにあたって役立つ本などをご用意しております📖

待ち時間に手に取って目を通してみてください😊



動物たちは不安に感じた時に、「安心出来る空間」があるだけで少しでも気が休まると思います。そんな空間を人だけではなくわんちゃん猫ちゃんにも作ってあげてみませんか?


アリアスペットクリニック

動物看護師