動物を災害から守るために、備えておきたいこと

こんにちは🌼

動物看護師の桂です🧸

梅雨入りしてジメジメした日だったり、晴天だったりと天気に左右される日が続いていますね☔️☀️


去年に引き続きコロナウイルスの影響で外出が難しかったと思いますが皆さんいかがお過ごしになりましたか?

私は家で過ごすことが増えたためテレビでニュースを見る機会が増えました📺

そんななか地震発生のニュースを見ることが多くなりました。一人暮らしを始め、1人の時に地震が発生したら…と考えるととても不安を感じています。

動物と暮らす皆さんは、災害時のために何か備えて居ますか?

そんな緊急時のために、動物と暮らす上で、災害時に備えておきたい物を紹介します५✍🏻


準備する物


・1週間程度のお水、フード、食器

・トイレグッズ(ペットシーツ、おむつ、うんち袋など)

・クレート、キャリーケース(ねこちゃんは洗濯ネットがあると便利)

・リード、首輪、ハーネス

・タオル、ウェットティッシュ

・健康手帳

・予防注射などの予防歴がわかるもの

・服用中の薬、予防薬



そして、避難所で困らないように

やっておいた方がいい事


・人や他の動物に慣れる

・トイレのしつけ

・クレートやキャリーケースでリラックスできる

・混合ワクチンや狂犬病ワクチンの接種、ノミダニフィラリア予防


などなど…

それぞれのご家庭でわんちゃん、ねこちゃんに合わせて準備しておく物など異なると思いますが、必要最低限のものは避難バックに常備しておきましょう。

フードや薬など期限があるものは要チェックです⚠️


そして、もしはぐれてしまった場合の時のためにマイクロチップの挿入も重要になってきます。

動物愛護法の改正により、マイクロチップの装着も飼い主の義務として位置づけられるようになりました。

マイクロチップは診察時に挿入が可能です💡

マイクロチップの挿入がまだの方は是非1度ご検討ください。

※在庫に限りがございますのでご希望の方は事前にご連絡ください


みなさんいかがだったでしょうか?

これを機に、動物の避難グッズの準備を見直してみてはいかがでしょうか?

避難グッズだけではなく、わんちゃん、ねこちゃんも一緒に避難が可能かどうか、あらかじめ最寄りの避難所もチェックしておくと、いざと言う時にとても安心だと思いますのでチェックしてみてください५✍🏻


アリアスペットクリニック

動物看護師

220回の閲覧

最新記事

すべて表示