スタッフフォトギャラリー(春編)



いつも当院のブログをご覧の皆様、はじめまして🐕

動物看護師の田中と申します。

実家には柴の天使様がいます(*´▽`*)

いつも癒しとパワーをもらっています!


おじーちゃんなのですが、冬の時期はこたつの横がお気に入りの場所で、よく丸まって寝ています。



ぽかぽかな日が増えましたね🌸

日中は、夏かな?と感じる日さえあります。


寒い時期は外に出るのが億劫だった方もいるかと思います。

私もこたつから出られない日が多かったです(*’×’*)


でも、あたたかくなって、お花で色づいていくこの季節、少しずつお外にお散歩に行きたくなりませんか?🐾

私は写真が趣味なので、今年撮れた作品を少しご紹介させてください!



私はお散歩が好きで、先日春を探しに行ってきました。





人や動物が活動的になってくるこの時期に素敵な出会いがありました!




りすさんです🐿

あたたかな陽気とお花の香りに誘われてやってきたのでしょうか?


人や動物だけでは無く、ノミやマダニといった虫たちもとても活発になっています。草木に潜んでいるノミやマダニをお散歩でくっつけてきてしまうことがあります。ノミはなんと体の100倍ものジャンプ力をもち、動物に寄生、吸血します。ノミに刺されるとノミの唾液がアレルゲンとなり、強い痒みをともなう『アレルギー性皮膚炎』が起こることがあります。


他にもノミを媒介とする『瓜実条虫』という下痢などを引き起こす内部寄生虫に感染してしまう恐れがあります。


マダニで有名なのは『重症熱誠血小板減少症(SFTS)』ですね。

人にも感染してしまいます。もしもマダニがくっついているのを見つけたら、マダニの牙が体に残ってしまう場合がありますので無理には取らず、病院に診察にいらしてくださいね。


どちらも多数寄生することで『貧血』を起こしてしまいます。

SFTS以外に人にも影響がありこともあります。バルトネラ菌をもっているノミがねこに寄生し、そのねこに引っかかれたり、咬まれたりするとリンパ節の炎症や発熱を引き起こします。また、人でもノミの唾液がアレルゲンとなり、強い痒みが出てしまうことがあります。


冬の時期のノミやマダニの予防も大切ですが、これからの時期は特にしっかり行ってあげることが大切です!




当院では1年中のノミ・マダニの予防を推奨していて、まだまだ春のお得なキャンペーンも行っています!✨



気になる方はお気軽にお問い合わせください!

また、ノミダニ薬と一緒にフィラリアのお薬をお出しするには事前にフィラリアの血液検査が必要なので、「診察」のご予約をお願いします🍀

しっかりと予防をして、安心して楽しくたくさんお散歩に行って下さいね(*’▽’*)





アリアスペットクリニック

動物看護師

田中

閲覧数:95回

最新記事

すべて表示