春の季節の健康管理

アリアスペットクリニックのブログをご覧の皆様こんにちは。

動物看護師の松本です。

桜のシーズンは終わりを迎え、今年もだんだんと暖かくなってきましたね🌸


今回は、春の健康管理のポイントをお話したいと思います😊🍀


春は日差しが暖かくなり、活動しやすい季節ですよね🐾🐾

ですが、ワンちゃんネコちゃんたちにとっては、実は春の気候が体調不良を起こす原因になることがあります😖💦



生活環境の変化

春は、進学、就職などで家族構成や環境に変化が出る出来事が多い時期です。

家族が進学や就職のためお家を出る、あるいは、家族みんなで住み慣れた家を引っ越す、ということを、動物たちが理解できずに困惑し、そのストレスが軽減されないと下痢や、食欲不振、皮膚炎といった症状も出るようになってしまいます。

動物たちが環境の変化によりストレスを感じているようであれば、スキンシップの時間を少し長めにする、自分の臭いのついたモノをそばに置いておく、安心できるスペースを作ってあげるなど、落ち着くように工夫してあげるとよいでしょう🐶🌟




気温の変化

日中は暖かくても、夜はまだまだ冷え込む日もあったりと天気によって、気温差が大きい時期です。

ワンチャンやネコちゃんは、体温調節が苦手で、寒暖差に影響を受けやすいのです🙀💦

できるだけ大きな変動がないように、お散歩に行く時の防寒や、帰ってきてからの室内温度の調節をし、なるべく一定の温度を保つよう対策を行い、体の負担を減らしてあげましょう。




換毛期の抜け毛による皮膚トラブル

ワンちゃんは、春と秋に換毛期を迎えます。

夏に向けて体温調節をするため、不要な被毛が抜けていく春の換毛期は、大量の抜け毛によるトラブルに注意が必要です‼️


抜けた被毛を放置していると毛玉になり、その下の皮膚が蒸れて炎症を引き起こす原因になります。

赤みのある発疹が増えて、その部分が脱毛してしまうことも……。

ブラッシングをすることで皮膚のマッサージにもなりますので、定期的にブラッシングを

して予防しましょう🐩🎶




花粉やノミダニによる皮膚炎

皮膚に花粉が吸着することによって、アレルギー性皮膚炎が引き起こされ、激しい痒みがストレスの一因となります。


また、気温が高くなるとノミやダニも多くなるので、ワンちゃんネコちゃんが刺されるリスクも上がります。ノミダニアレルギーの症状もかゆみを伴うため、ノミダニ駆虫薬での対策をしっかり行い、お散歩後には体の表面や、足の裏、指間までしっかり拭いてあげてトラブルを防ぎましょう🌸

クイックルワイパーの乾拭きシートで体表を拭くと花粉やハウスダストを絡めとってくれ

るのでおすすめです💡💡💡


冬から春への季節の変わり目には、日頃から行っているワンちゃん、猫ちゃんの体調管理に加えて、生活の変化などによるストレスがないかを観察して、心と体のケアを特に注意しってあげることをおすすめします。

今回は、春に気を付けたい体調管理のポイントをご紹介しました。




🍀4月~6月は狂犬病予防接種のシーズンです🍀

狂犬病予防接種をご希望の際には、ワクチンアレルギーのリスクに備えて、なるべく午前中にご予約をお取り頂き、ご来院時に愛犬手帳や市町村から送付されたハガキをお持ちください。

受付の際に提出して頂けるとスムーズにご案内が可能です👌

皆様のご来院をお待ちしております😊💓


アリアスペットクリニック

動物看護師

松本

閲覧数:225回

最新記事

すべて表示