わんちゃんの歯磨き、上手にできてますか?

こんにちは!動物看護師の齋藤です。


今回のテーマは「歯磨き🦷✨」についてです。


さて、皆さんはおウチの子にしっかりと歯磨きできてますか??


わんちゃんも、人間と同じように歯垢(細菌のかたまり)が溜まると歯石となり、歯周病となります。3歳以上の成犬の80%以上が歯周病をもっていると言われています。

歯周病の主な原因は、口のなかに歯垢がたまり口内環境が悪化することです。歯垢を放っておくと、そのなかで繁殖した細菌が歯肉に炎症を起こして歯周炎に進行していきます。そして、歯垢は3~4日で石灰化して歯石となり、歯周病は悪化の一途をたどります。

そのまま、放置しておけば、シニアとなった際、歯が抜けて硬いものが食べられなくなります。 それどころか、歯周病が悪化すると、消化器系などにも影響を与え、やがて命に関わる病気に発展することもあります。

特に歯周病菌などの細菌などが全身にまわってしまうと、「敗血症」という重篤な病気となり、命を落としてしまうわんちゃんも少なくありません。


まさに歯周病は万病のもとなのです。

ですので、健康で長生きをしてもらうためには、歯のケアは欠かせません。


とわかっていても、なかなかおうちの子は慣れないうちは簡単に歯磨きをさせてはくれませんよね💦

いきなり歯ブラシで磨くと嫌がってそっぽ向いたり噛んできたりと大変な子もいると思いますが、焦らずに段階を踏んで歯磨きに慣れるようにしましょう✨



歯磨き=良いこと、楽しいこと!


とわんちゃんたちに思ってもらうことが何よりも大切です。


では、歯磨きの簡単な始め方を3つのステップでご紹介していきます!




《歯磨きステップ》

①口を触る

口の周りを優しくマッサージして 口を触ること自体に慣れさせます。

慣れてきたらゆっくり上唇をめくります。

(最初は1~2秒位。段々長くして下さい)

上唇がめくれたら口の中に指を入れていきます。


ポイント

口の中を触る順番


切歯(前歯)→犬歯(牙)→臼歯(奥歯)


1つ1つのステップができるようになったら

その都度ご褒美をあげましょう!



②ガーゼにチャレンジ

お口を触ることががスムーズにできたら今度はガーゼを使います。

水で濡らしたガーゼに缶詰の汁や歯磨きペーストをつけて舐めさせます。



乾いたガーゼでこすると歯肉を傷つけることがあります!

必ず水かぬるま湯で湿らせて下さいね。

ガーゼを指に巻いて歯に触れてみて、慣れてきたら優しく歯肉や歯をマッサージしていきましょう。



☆ここまで嫌がらずに出来たらいよいよ歯ブラシです!



③歯ブラシを使う

ガーゼの時と同様、濡らした歯ブラシを舐めさせることからスタートします。

歯磨きペーストをお持ちの方は、ここで積極的に使っていきましょう!


最初はそっと歯にあてて歯ブラシに慣れさせます。

(こちらも少しずつ時間を長くしていきます)

慣れてきたらゆっくり歯を磨いていきます。


上顎の奥歯は、汚れが付着しやすいので特に念入りに磨いて下さい!


当院にはわんちゃん用の美味しい歯磨きペーストなどもご用意しておりますので、わんちゃんも美味しく楽しく歯磨きをマスターしていきましょう⭐️



分からないことがあれば当院スタッフまでお気軽にご相談ください✨



アリアスペットクリニック

動物看護師

齋藤

動物たちにやさしい動物病院

〒254-0014

神奈川県平塚市四之宮5丁目28−11

  • Instagram
  • Facebook
cat-friendly-gold.png
PETOKOTO.png
apokul_bn_arias-petclinic.jpg
  • 公共交通機関をご利用の場合

神奈川交通バス ふじみ園前 下車すぐ

  • お車をご利用の場合

駐車場:敷地内に5台分完備

©2020 アリアスペットクリニック All rights reserved.