猫エイズってどんな病気?


人間だけでなく、猫ちゃんにもエイズがあるとご存知ですか?

猫エイズ(猫後天性免疫不全症)とは、どのような病気なのでしょうか?感染経路や予防のためにできること、キャリア(猫エイズのウイルスを持つ猫)となってしまった場合の生活環境や、できるだけ発症リスクを下げる方法などついてまとめました。



猫エイズとはどんな病気?

—猫エイズ(猫後天性免疫不全症候群)とは、どんな病気?


 猫免疫不全ウイルスが原因で起こる症状を一般的に「猫エイズ(FIV)」と呼んでいます。猫免疫不全ウイルスに感染した猫ちゃんは、いわゆる「キャリア」と呼ばれ、感染初期の段階では、猫ちゃん自身の免疫がウイルスの活動を抑え込んでいるため、何の症状も出ていませんが、やがてウイルスが活動を始めると「発症」となります。

 発症すると体の免疫機能が低下してくるため、「日和見感染(ひよりみかんせん)」という、健康な状態では病気の原因にならないような、ちょっとした病原体にも反応する状態となります。  その結果、口内炎や鼻炎、腫瘍、貧血、下痢や食欲不振など症状が出初め、このような状態になってしまうと、多くの場合、発症から数ヶ月でほぼ100%に近い確率で亡くなってしまいます。