シニア期のトリミング

こんにちは、アリアスペットサロンBran トリマーの菊地です。


今回は「シニア期のトリミング」についてお話したいと思います。


私も15歳のプードルと過ごしていますがシニアになると…

・口周りなどが汚れやすくなる

・肌のターンオーバーが上手くいかず皮脂汚れやフケ、臭いがしやすい

・ガンコになり顔周りをすごい嫌がりケアが難しい

・立てなくなり、おうちシャンプーが1人だと大変


若い頃と比べると変化もありますよね。


そしてトリミングにおいても、シャンプー、カット、爪切りなど色々ありますが、老犬にフォーカスすれば例えば…

「オムツかぶれ」「目やになどの汚れ」「お口周り」のケアも気になります。





まず、トリミングの目的は何か大きくまとめると「清潔を保ち、健康を維持すること」です。これが前提としてシニア期は特に「その子にとって何がベストか」を考えます。

そしてトリマーは、そのお授かりした命を守るために「ストレスはなるべく与えず、手早くスピーディに、無理なく安全に」トリミングします。


そのためにBranでは、スタッフ二人体制でのトリミングをオススメしています。

サポート料金として3000円を通常のトリミング料金にプラスで頂きますが、立つのが困難な子、時短で終わらせたい等、シニアに限らず持病がある子にもスタッフが補助として入り体の負担を減らします。





またシャンプー、カット、爪切りなどフルコースのトリミングが体力的に辛そうな場合も、行程を日ごとに分けパーツお手入れするのも一つの手です。



ただ、クリニックやサロンに来ること、外出自体が苦手な子はその子にあった方法を探しましょう。


飼い主様が悩んでいること、愛犬の性格など遠慮せずトリマーにお話ください!


そして飼い主様に理解して頂きたいのは、シニア期は特にカットも「綺麗!可愛い!」より、その子に負担なく終えれるということを大切にして欲しいです。

トリマーがどんなに神経を使い、細心の注意をしてもシニアの体力消耗は回避できません。

体調の変化、天候などによる不調によっても、トリミングの日程や内容を変更しましょう。


クリニックの12月の看護師コラムでは「介護用アイテムの紹介」もあります。お尻洗浄液など色々紹介していましたので、是非ご覧下さい。




便利なものも上手に利用し、シニア期も楽しい時間を過ごしましょう♪



もし困っていることがありましたら、トリマーに気軽に話してみてください♪一緒に愛犬にとってのベストを見つけましょう!!

少しでもお力になれなら、幸いです♪


3月の営業日




サポート有りご予約の場合はスタッフ確保の為にも早めのご予約をオススメしています。

ご不便おかけしますが、宜しくお願いします。



アリアスペットサロンBran

トリマー

菊地

閲覧数:255回

最新記事

すべて表示